「いただきます」から、命のウェートを考える

お勧めのウェブログ書き込みを見る機会がよくありますが
こども向けのかわいいお弁当や
食膳に並べられた食物が登場することも多いですね。

時折、ハイソサエティー肉レストランの「メニュー本本体」ともいえる
豪華な肉が総出浴びる書き込みもありますが
ともかく、身近な食物メニューにはクレンジングやされます。

また、食物メニューや、そのときのコンディションとは関係なく
「ごちそうさまでした」と結ばれている書き込みが多いですね。

こういうことばの主旨には
食物をつくってくださった第三者や、奢ってもらった第三者
みんなへの謝辞の心構えがあると思われます。

ランチタイム前の「いただきます」もそうですね。
それほど、「いただきます」には
原材料になったアニマルや植物への謝辞の心構えも
いっしょに含まれていると思われます。

ふだん口にする肉は、さまざまな型をしていますが
種のビジュアルをイメージすることができません。
また、種のビジュアルを知ってしまうと
口にするのに抗戦を感じてしまうね。

それと、自分から貫く、鳴き声を発しない
植物のyesは置き去りに浴びることもあります。
ただし、私たちの生を支えてくれるすべての生に
謝辞の心構えを持つことが大切だと思います。http://www.takenonotice.com/